スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザンギダイヤ

皆さんお久しぶりです。例によってご無沙汰してすいません(泣)。
ええと、前回の記事で大会を主催して、レポートまでやると言ってしまったのですが、すいません、モチベが下がってしまったので今のとこまだ未定です(泣)。適当更新で申し訳ない。

今回は、ストIVもだいぶ煮詰まりつつあると思うので、密かにあこがれていた個人的ダイヤって奴を書いてみたいと思います。ちょいと攻略まがいのことまで書いてますが、間違ってるとこあってもご愛嬌で。



vsリュウ - 5.5:4.5
個人的には苦手。
ぴょんぴょん飛んでたら絶対勝てないから地上戦から切り込んでいかないといけないため、集中力が無い日は全然勝てない相手。大足ガード後にEXバニをどれだけ返せるかがその日の集中力のバロメーターになる。あとは相手の中足振る感覚をどれだけ掴んで立小足EXバニを差し込めるかの勝負。至近距離のEXバニで反応出来ない波動はかなりやっかいだが、遠中P・遠中K・セビ1開放・セビ前ステ→スク等で何とか対応していきたい。ガン逃げより真面目に刺し合いしてくる方が面倒。昇龍を一方的に潰す起き攻めボディはサガットより難しくね?

vsケン - 6:4
楽だとは思わない。
ただ、弾がリュウより遥かに劣化してる分やりやすいかな?問題は前中Kと中足だが、これもどの感覚で刺してくるか要観察→立小足EXバニ差し込み。起き攻めは中昇龍がバグってるので、ひょっとして横押しの方がいいのか?と最近は思えてきた。ざんぎたん並に昇龍スカせたら良いんだけど、成功率6割ってとこなのでいまいち。中・EX竜巻食らい後の読み合いが熱い。

vsガイル - 5:5
甘えですかそうですか。
個人的にはサガ豪よりやりたくない(笑)。生来こらえ性がないからねー。
ただ、一旦こかした時の期待値の高さは全キャラ中一、二位を争うことは間違いないw ずーっと処理られるか、一回転ばせてそのまま殺すか極端な試合になることが多い。
ソニックに対して飛んでると向こうのカモなので、ジャガーノートになったつもりでズンズン歩く。地上戦は、裏拳にはバニ仕込み小足、屈中Kには立小足で刺し返し、遠大Kには各種ラリアット、がすくみになる!ってことに自分の中ではなってるが、まぁそうそううまくいかねえわな。
あと、理想的なのは55Fを体で覚えること。理由はもちろん画面見ない溜め完了最速ソニックにEXバニをぶちかますため。相手が油断して手癖でソニック連発してきてるようなら一応狙っていきたい。が、端で失敗すると端に投げられて鬼ごっこリセットされるのでよっぽどの自信がないとリスクの方が高いので諸刃の剣。でも決まると気持ち良い(笑)。

vs春麗 - 5.5:4.5
得意ではないなー。
よく早出しジャンプ中Kだけでイケるみたいな話聞くけど、春の対空面の弱さの比喩だってのは分かるが、さすがにそんな簡単じゃない。何よりYさんの空対空の反応が良すぎるので、あんまり空中から攻めて勝てるイメージは少ない。ただ、空対空用に不用意に垂直ジャンプをしてるのを遠大Kとかで狩れるようになると、ようやく早出しジャンプ中Kと空ジャンプ(で通常技対空をスカしてコマ投げ等)が活きてくるかな。
地上戦は遠大K・遠大Pに対してはバニ仕込み屈小足、元キック(屈大K)に対しては、以前は屈小パンが良いと思って多用してたけど、立小足差し込みが良いというカントナさんの話を聞いてからそっちにシフトしたら、立ち回りがやりやすくなった。差し込み神さすがやでぇ…
あと、グラ潰しとかで狙ってくる密着小ハザンにはガード後祖国を積極的に狙っていきたい(セビキャンに注意)。大ハザンにも狙いたいけど中と大の区別がつかない(泣)。

vsブランカ - 4:6
移動バニ完備ならこれくらいかな?実は移動バニそのものより、ローリングを立ちガードする立ち回りの方が実際は難しいと思うわけだが、それでも抑止力としてかなり機能するのは間違いない。んでこっちにゲージがある時は起き攻めで一定のダメージが見込めるので、圧倒的体力差をつけられない限りブランカ側もかなり面倒臭い相手ではあると思う。端に追い詰める過程で、どの段階でバックステップローリングで逃げようとするかもよく見ておきたい。

vsダルシム - 5.5:4.5
vsダルシムというかvsTATEYAMAだけど(笑)
端に追い詰めて転ばせたらボーナスゲームなので、なんとかしてそこまで持って行きたいが、やっぱりそれまでが鬼門。手癖のズーム大Pを読めたらクイックで狩り、手癖の小ヨガファイアを読めたら先出し小バニ→EXバニを決めたい、がさすがにそれに慣れだしてダル側も強ファイアとか混ぜだすからきっついね~。
手足が届く範囲でファイアに対して飛んでるようだとそれこそカモなので、そうでない時になんとかしてボディとか早出し中Kで飛んで距離を稼ぎたい。端に追い詰めた時のリターンがでかいので、少々食らってもバニとかで突っ込んで追い詰める勇気も必要。端での攻防で端側に投げられるのだけは絶対タブー。

vs本田 - 6:4
一時期は本田有利じゃね?と思ってたが紆余曲折あって、今はこれくらいかなー。
トレモで散々調べてみた結果、EX頭突きが正面に出てボディがめくりになって潰せるいわゆる「頭突き振り向かせないボディ」みたいな現象は、ありゃ本田側が下手糞なだけってことが分かった。ちゃんとやればちゃんと振り向くし、それより早いとちゃんとリバサ頭突きで勝てる。なので、欲張らず正面から詐欺飛びしましょう。
地上戦はEXバニ仕込み屈小パンが効果絶大。んで合わせてごっつぁんチョップ(遠大P)振ってくるようならカントナさんよろしく立小Kで刺し返し、がセオリーかな。
とにかく本田の前歩き確認以外は焦って飛んだりせず我慢して地上戦。我慢比べを制した方が勝つ。
あ、あと、画面端に追い詰めてる時以外なら、中スクの距離くらいでもEX頭突き読んでバックジャンプしたら着地後歩き祖国決まります。やってみてね。

vsバイソン - 6:4
いまだに楽だと思ったことないなー。
バイソン戦攻略は阿修羅バスターさんのブログの攻略がイイネ!なので、そっちを超参照するべし。
とりあえずダッストがめり込みになる距離をキープ(ヒット・ガード関係なく小スク確定)、後はどれだけ屈大足に立小足で差し込み出来るか、のゲーム。起き攻めは表当て裏落ちっぽいボディで、ヘッドはガードになれば各種投げ・反対に出れば着地に立小足EXバニ、EXダッシュ系で反対に逃げるなら最速立小足EXバニが走ってるバイソンのケツにヒット、でOK?EXバニヒット後に前ジャンプいれっぱでめくりボディしようとするとバイソンはザンギ側に出せるEXダッパー(ヒット確定)が存在するので注意。若干下がってから飛ぶ等タイミング変えるべし。
距離調整がうまくて大足の攻撃範囲をしっかり把握出来てるバイソンはやっててかなりきついね。あと俺は中段ガード出来ないんで、中段パナしまくってくるバイソンとかも嫌だなーww

vsバルログ - 6:4
わかんねー。
ただ、立ち回りだけ見たらバルログ有利じゃないかと思えてくる。
地上戦は、あっちの牽制に対して遠中P・EXバニ仕込み屈小Pで対抗。飛びまくるのは空対空・ソバットの的になるので感心しないが、至近距離でいきなり飛ぶのはアリかも。溜めがないバルログが飛び込まれた後はほぼ逃げ一択と思っても良いと思うので、遠大K辺りでバクステ・バックジャンプ狩りを置いとくと良い感じ。
立ち回りは結構きついのでやはり起き攻めで殺したいところ。バルログ使いはディフェンスに長けてるはずなのでw、どこでバクスラ・ショートバクスラを使うかなどよく観察していきたい。

vsサガット - 3:7
なんだかんだでやっぱりきつい。
が、遠大Kに対して立小P>EXバニの差し込みを覚えてからは、とりあえず遠大K振っとけば勝てると思ってるようなサガットに対してはそこまで負けないかな。
あとこれはサガットに限った話じゃないけど、サガットに勝ちたいなら、ザンギの有する詐欺飛び場面7つのうち、通常前投げ・アトミック・ロングキックの後の詐欺飛びのタイミングは絶対何がなんでも覚えるべき!これはもう必須と言っても良い。これ覚えてから確実に勝率上がりました。

弾撃ちがうまいサガットは確かにきついが、実は真にきついのは遠距離の安全弾しか撃たず、中距離以降は範囲内ギリギリでの遠大Kだけを振る(個人的に『KOK大K』と命名)サガット。これでダブラリへの対処も完璧で、起き攻めの逃げもうまいともうお手上げ状態。あとはジリジリと削られ死ぬのを待つ拷問のような試合になる。さぁ後はみんなで煽ろう、「いいキャラ使ってんなぁ!(キリッ」と…。

vsベガ - 7:3
これは酷い。
ただ、やることなすこと全部勝てるってわけでは勿論ないので、遠大KにはEXバニ仕込み小足、屈中足(実はベガ戦結構使える)、遠中P(距離による)、遠中Kには遠中P、EXバニ仕込み屈小P、で地上戦はOK?
あとウルコン溜まるまでは早出し中Kでガンガン飛び込んでも良いかと(もちろん緩急は必要)。ジャンプ中Kがギリギリ当たるか当たらないかのところでスカして着地後スクリューとかやると悶絶。
でもこないだ瞬獄ノイローゼさんとやったら強すぎて負けまくって吃驚した。遠中Kの使い方上手かったなー。というわけでまだ未知数な部分もある。けど、それでもザンギ有利は揺るぎそうにない。

vsアベル - 6.5:3.5
これは7:3くらい書かないと怒られそうだけど、体感がそうだし、おそらく俺の戦績もこれくらいになってそうだから、しょうがない(泣)
とにかく上からの起き攻めに対してアベルが無力というか、完全に受身の選択肢しかないため、ザンギのターンのリターンが半端じゃなくでかい。ガイル同様こかしたらそのまま殺すつもりで。
地上戦は基本EXバニ仕込み立・屈小Pを振りつつ、注目すべきはホイール。ホイールをちょっとめり込み気味にガード出来ると、立小P>EXバニが確定する(見た目遠くて当たらなそうだけど結構届く)ので、よく見つつそれを狙い、かつ前中Kと前ダッシュトルネードとかに気をつけておけばアベル側はそうとう辛そう。
遠中Pは確かにアベルの技のほとんどと相性は良いものの、あんまり節操なく振ってると一番喰らっちゃいけない前中Kを差し込まれてしまうため、実は振りどころが難しいと思う。
前中Kをガードさせられてしまった後は、ガード・グラップ・ジャンプ・コマ投げ・ダブラリ等々あるが、個人的にオススメしたいのは直後の近大P(→COD)orトルネードの二つを避けつつ祖国が確定するバクステ。通常投げや屈小足だった場合は確定になる反撃はないが、少なくともこちらが手痛い攻撃を受けることは少なく、且つアベルのターンを終了させられるのが大きい。でも、咄嗟にはなかなか反応出来ないけどね…。

vsルーファス - 6:4
最近某2万代のルーファス二人に大会で煮え湯を飲まされたので、有利とか書くと叩かれそうだが、まぁ有利には違いない。ザンギでルーとやってると心理的に楽じゃないんだけど、この組み合わせは反対に自分がルーファスでザンギとやってみるとよく解る。中パン振られてるだけでいつの間にか死んでる(笑)。
とりあえず遠中P・EXバニ仕込み屈小P・立小足をぶんぶん振りつつ端に追い詰めて行くゲーム。ゲージが溜まるまではキ○ガイのように飛び込んで攻めても良い(早出し中Kによる空対空潰しor通常技対空スカし空ジャンプからスクリューなど)。ゲージが溜まったら屈大PとEX蛇突による横押し拒否が始まるのでこっからが勝負。屈大Pに対して飛びが噛み合えば試合終了も確かにあるが、当然あっちは死ぬほど上を見てるわけなので、仮に通っても事故勝ち感が強い。し、上手いルーファスには通用しないことが多いので、長い目で見ると地上戦のみで追い詰めるスキルが欲しい。屈大Pをセビって前ステから立小足>EXバニは理想的。ここで、セビ出したは良いが屈大P振ってなかったからバクステしてしまうばかりだと、ジリ貧になることが多いので、ダメージ覚悟で前に行く勇気も必要。
また、開幕くらい近づけた距離の状態の屈大Pなら、ガード後EXバニ確定なので是非狙って行きたい。が、なかなか反応出来なくてよく怒られてます。リュウの大足ガード後と同じ様なもんなんだけど、何故か癖に出来ないんだよねー。そんな距離で屈大Pなんか振らないだろうという先入観が良くないなー。
起き攻めは自分は表裏揺さぶりボディをやろうとすると自分も表裏が分からなくてEX救世主を喰らうというギャグのような状態になるので、もう上からは諦めて、横押しの屈小P重ねを愛用。リバサウルコンのみ喰らうものの、EX救世主はガードが間に合い、飛ぼうとすればヒットからバニコン、バクステも空中で落とし再びループ、ガード固くなってきたら生投げ、というザンギ優位な起き攻めを展開出来るのでオススメ。
これだけザンギやりたい放題なのに、何故勝てない俺…orz

vsヴァイパー - 6:4
これもようやく固まってきたかなー。
とりあえず向こうの狙いは遠距離でセイスモでガリガリ削って、不用意にこっちが飛んだのを前に来て対空、といったところがダメージ源と思われる。ので、とりあえず、端端でもない限りは、飛ばない、小バニ・前ダッシュも極力控える。ジリジリ歩きつつ、セイスモはクイックorセビでさばきつつ少しずつ端に追い詰めることを意識、反対側にハイジャンプで飛び越える対策で垂直ヘッドを時々見せとくと効果的。
中足>中サンダーの間はダブラリで割り込むとダブラリ相打ち→EXバニで拾ってダメ勝ちウマーなのでフェイント少な目なら狙っても良し。
起き攻めの期待値も高いし、じっくり体力差で勝ちたい組み合わせ。

vsフォルテ - 6:4
対戦経験が少なすぎてわかんねー。
が、ロシアン親父さんの対策を聞いて、ちょっとそれっぽく動いてるだけでもそこそこ勝てたりするので、ザンギ側がそうとうイケるっぽい。とにかくフォルテが10積み上げたものを1で台無しに出来るという素敵なバランスなので、フォルテ使いの心までへし折ってしまうことうけあい。
細かい対策はロシアンさんにお任せするとして、とにかく言いたいのは、三角飛びファヒータ読みのコアスカ祖国は気持ち良すぎて脳汁の池が出来るのでオススメ。

vs豪鬼 - 3.5:6.5
これはかつてザンギにとっての天敵としてサガットと双璧を成す相手だと思われていたが、そもそもの体力差と、百鬼投げに対するJCDL(ジャンプキャンセルダブラリ)・起き攻めの阿修羅追っかけ中バニが見つかってからはだいぶそのキャラ差を縮めたのではないかと思われる。まぁそれでも依然きついことに変わりはないが(泣)。今でも百鬼で1ターンキルされることあるもんなー。
EXバニ仕込み小足がかなり機能すること、百鬼起き攻めへの対応、そして屈大足に対して差し込み立小足でのリスクを負わせることが出来れば、だいぶイケる組み合わせ。起き攻めボディに対して屈中足で潜ってくる相手には膝に切り替えるなどして対応していけると良い。

--------

と、いうわけで、
・当たったらEXバニヒット&起き攻めまで付いてくる小技各種
・判定激強4F発生の魔法の中パン
・飛びによる起き攻めのほとんどを拒否出来る4F発生のダブラリ
・2F発生の間合いはゲーム中最長のコマ投げ
・発生1F完全無敵でダメージも激高の投げウルコン
・一発入ればEXバニまで持っていける発生3F小足
・ヒットボックスが異常なほど小さい空ジャンプ
・ゲーム中最高を誇る体力・気絶耐久値

サガ豪とは違ったベクトルでかなりぶっ壊れてるキャラだという自覚がだいぶ出来てきたかな。本当に最近になってからだけど。しかし己のことを知るのは大事な事です。
まぁ総じて、ストIVに関して言えばかなり強いキャラなのは間違いない。
後はそれをどれだけ引き出せるか。まぁでも、使ってるのはザンギが好きだからですw。
ダイヤはちょっと守りに入ってるから方々から叩かれそうだなー(笑)。

ここまで読んでくれてありがとう。少しでも祖国の皆の力になりますように。

次回は闘劇予選のこととかにも触れたい!けど、いつになるかは…ry(泣)
スポンサーサイト

テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

【告知】6/12(sat)大須スカイでストIV大会やります

相変わらずご無沙汰しております(泣)。うわーごめんなさい。
ストIVの熱は相変わらず高いままですが、こんな有様で…。申し訳ない。
もともと文章を書くこと自体は嫌いじゃないんですが、何しろ推敲をしないと気が済まない性質なので、時間が掛かる→敬遠してしまう、という悪循環ですねー。
というわけで、最近は推敲の必要がなく気軽に発言出来るtwitterにどっぷりハマっております。IDはboo_uriajjoなので、フォロー・フォロー外しご自由にどうぞ~。

ええと、こんなギリギリに告知してもしょうもないけど、ブログを持っているのに告知してないのは不味いと気付きましたので、告知です。実はこの度、小規模ではありますが、ストIVの大会を開催してみたいと思います!!

日時:6/12(土)~17:30 エントリー受付
       18:00~ 開始
場所:大須ゲームスカイ
参加費:\200

しかし時期的に微妙で、前日は森地下さんの大高大会、次の日は闘劇兵庫予選エリア決勝の日…ッ!圧倒的悪条件…ッ!!
が、まぁ最初の大会なので人がそう集まらなくても良いかという感じです。最悪身内の対戦会みたいになっても良いかなと。
きっかけはいろいろありますが、ストIVのうちに自分で主催した大会を一度やってみたかった、ということと、今まであんまりやられていないようなレギュレーションの大会をやってみたい、という二つが大きいです。
んでそのレギュレーションですが、ズバリ…

シングルトーナメント【2ライフキャラフリー制】…!!

です。なんとなくピンと来た人もいるかもしれませんが詳細を書くと、

・1人2キャラ使用。
・キャラは17キャラから好きなキャラを選択可能。ただし、同じキャラを続けて使用することは出来ない。
・ジャンケンにて負けた方が先鋒キャラを申告。勝った方はそれを聞いた上で自分の先鋒キャラを選ぶことが出来る。
・ジャンケンに負けた方は1Por2Pと好きな側の筐体を選択。
・先鋒キャラが負けたらまた17キャラから大将キャラを選択。という流れで勝ち抜きによって勝敗を決定。


一人擬似2on2のような感じでしょうか。基本はストIVを象徴する"かぶせ合戦"になりますが、好きなキャラを選んでかぶせが出来るというものの、皆が皆相手にかぶせるキャラを使いこなせるわけではないので、やはりそれなりの総合力が求められます。お前らの今までのストIVのやり込み見せてみろよ!(キリッ

という感じで、一見面白そうな気もしますが、実際やってみないとどうか分かりません。うまくキャラがバラけてサガ豪鬼だけゲーにならなければ彩りがあって楽しくなりそうですが。

とりあえず初めての主催大会ということもあって、ライブ配信は行いませんが、少し動画撮りはしようかなぁと思っております。

大会の許可を下さったスカイ店長に感謝!

一応、大会レポートを書こうと思っておりますので、期待しないで待ってて下さーい。

テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

スパIV発売にあたって。

すっかり更新するする詐欺になってしまってすいません…。ブログが放置状態ではや三ヶ月が経過してしまいました。ウリアッ上ですいかがお過ごしでしょうか。
ブログを休んでいる間もむしろストIV熱は高くて、むしろストIVに熱中しすぎてストIVブログが更新出来ないという一見本末転倒な状態でありました。もしこのブログを覚えていて温かく見守ってくれている読者の皆さんがまだいたとしたら本当にありがとうございます。
さて、散々既出ではありますが、スパIVのアケ化!これは我らが愛知の運営・実況神のがまの油さんをはじめとする我々ストIV勢の悲願であり、大部分の人間がよもや叶わぬと諦めかけていた夢。これは本当に嬉しいこと。一見一本道のようですが、小野Pの尽くした力・オペレーター・プレイヤーの声が三位一体になって初めて実現したことです。その大きな力を感じています。
蛇足ながら個人的な思いを言えば、私がアーケードゲームに魅せられて、コンシューマーゲームでなく、あくまでアーケードゲームを好み熱中するようにきっかけには、紛れもなく小さい頃ゲームセンターで遊んだゲーム「ストリートファイターII」があるということ。あの頃熱中したあの好きなキャラ達をまた扱えるゲームが、こんなに魅力的で、駆け引きの面白いゲームとして帰ってきてくれたこと、またそれはとても優秀なコミュニケーションツールとしても機能していて、ストIVのおかげでこんなにも素晴らしい仲間たちに出会わせてくれたことに類稀なる“縁”を感じている次第であります。カプコンありがとう!そしてストIVを通じて仲良くなった方々、本当にありがとう!おまいらに逢えて良かった!
というわけで、明日はスパIVの発売日(もう今日フラゲしている方もいるようですが)。この日を境にいろいろな意味でストIV界は変化を迎えるでしょうから、それまでに何か足跡を残しておきたいと思ったのでありました。
なんだか固い話になってしまいましたが、平たく言ってストIVおもしれぇ!スパIVも楽しもう!皆で盛り上げようぜ!ということですね。
どうぞこれからもよろしくお願いします。





さて、じゃあせっかくなので休んでいる間にあったイベントのことでもさらっと。

■愛知vs関西対抗戦
2009年12月30日アミューズメントスペースガオラにて。愛知が臨んだ初の対抗戦は敗北に終わる。
TATEYAMA君や太尊さんの活躍など皆それぞれの見せ場もあり、大将ももち神が根性の5タテで向こうの対象あーるえふ氏を引きずり出すところまで行く熱い展開もあったものの、惜しいところで敗北。また、その後の選抜3onでも愛知は負けてしまい、まさに煮え湯を飲まされる展開。次は必ず勝つ!
ひよっこザンギウリアッ上はいきなりまあくんリュウにコロリと瞬殺される恥ずかしい展開(恥ずかしいとか書いたら失礼だけど、なにしろあっちはサブキャラだからね…)。しかも、対抗戦前の野試合で実はcoopリュウにも負けていたという我ながら度肝を抜く失態はどうも伏線だったらしい。

■NSB12
仕事で出られなかったorz。ざんぎ3兄弟が満を持して登場するということで死ぬほど見たかったけど泣く泣く諦める。仕事中2ch等こっそり見てたらエートロ氏が三タテしたとの報で愕然とする。
神奈川vs関西はFAXvsうりょ戦が面白すぎた。動画じゃなく現場で観たかったなぁ。

■愛知vs神奈川対抗戦
NSBの翌日、大須アーバンにて。これはもう、ヤバイくらい楽しかった。
敢えて参加プレイヤーとしての立場で書かせてもらうと、あの誰かが一勝あげた時の喜び、チームの一体感は他では味わえないものがある。普段憎きライバルとして君臨しているアイツやコイツが、仲間になったときのあの頼もしさ。「どうだ、愛知勢はこんなにすげぇんだぞ!」と子供のように叫んでしまいたくなってうるっと来る。そしてそんな楽しさに拍車をかけていたのは間違いなくこくじんさん。対抗戦においてこくじんさんの煽りによって発生する恩恵は計り知れない。あの煽り合いも対抗戦の醍醐味と言えよう。
んで、自分だけど、クロスさんのケンを破り、FAXギモトさんのブランカとダブルKOという、出来すぎなメイクドラマを生んでしまった。もうこれはいろんな意味で代表者冥利に尽きた。一時期coopブランカにまっっっったく勝てなくなって悔しくて死ぬほど練習した移動バニがこんな絶好の場面で役に立つとは思わなかったが、とにかく関西の時とは違ってチームに微量なりとも貢献出来たことが嬉しかった。
結局愛知チームは負けてしまったんだけど、関西戦ほどの悲壮感がなかったのは、関西戦の時より愛知勢の絆が深まったからかなぁとか勝手に脳内完結して美談にしておく。





■全国大会中部予選
アーバンにて。
チームメイトを探していた自分は、てつこさんが「夕方から仕事で帰らなくてはならない」という悪条件ゆえにチームメイトが決まっていないという情報を得て、早速勧誘。そして成功。もう一人は誰でもいいよ、ということでとりあえずだいなまさんにメールをしてみたわけだが…

ウ「てつこさんが16時には帰っちゃうけど組んでもらえませんか?」
だ「いいよー。俺も17時には用事があって帰るけどw」

勝ち進んだら俺一人になるチームキター!!
ということで、その瞬間チーム「早退勢」は生まれたのだった…。

で、当日。大方の予想に反して参加人数が非常に少なかったこと、それによる大会時間の短縮、また組み合わせの妙もあり、なんと早退勢は決勝ブロックへ駒を進める。
自分の試合内容だけ見ると、大道楽さんのダルシムに辛くも勝利。しかも2本目はまたダブルKOをかまし、こないだからダブルKOに縁があるなぁと一人でヘラヘラしてました。準決勝ではいきなり組み合わせを読み負け、静岡最強さんブランカと初戦。だいぶ詰め寄ってはいたものの最後に甘えEXバニをすんででよけられきついお仕置きをかまされ終了。大会後てつこ先生に「ザンギ使いはすぐ甘える」と説教されたのは言うまでもない…。その後だいなまさん、てつこさんが頑張ってくれるもその「3110にして最強にして最長老」チームに敗北を喫し、早退勢の戦いは終了してしまった。
が、ベスト4を達成。とりあえずたぶん大きな大会での俺の最高成績かな?しかも特別称号「友情の証」もゲット出来たのでだいぶ満足。







■NSB13
夜勤確定してたけど、あまりの出たさに夜勤前に出場したというキ○ガイじみた思い出。
12時開始のNSBを、14時に帰るという条件で組んでくれた吉野家さん・おなかイタイさんには感謝。
だが、Aブロック一回戦いきなりにしてよY田さんの本田に3タテされていきなり終了(泣)。早かったー。
なんかショックを受ける暇もない感じで、後からジワジワと悔しさがこみ上げて来ていたんだけど、後から動画で見直したら、自分の描いていた動きはそれなりに出来ていた。よY田さんは本当に巧く、自分が本当に弱かっただけ。自分の弱さを認めることでさらに向上心を持てたので、これはこれで良かったかな。



■京都a-cho 5on5 -kiwami-
京都にてつい先日行われた、「ストIV」においては最後になるであろう、大規模5on5大会。
なんとここは兵庫勢でザンギ使いのロシアン親父さんからのザンギ5のオファーがあり、二つ返事で承諾。5onでザンギチームとか胸が熱くなるぜ…。
問題は当日が夜勤明けでそもそも大会自体に間に合わない可能性があったということだったが、勤務配置的に正攻法で定時上がりは不可能(むしろ午後まで残業コース)と判断してこの日のために24日は京都で友人の結婚式だからとスーツまで着て、さらに小芝居までうった俺の完璧な作戦に落ち度など皆無であった。無事に行きの新幹線に乗ることが出来たのだった。
んで、大会だけど、なんと初戦から優勝候補「2010関西代表」(あーるえふ・飛翔・ぱみゅ~・MDR・うりょ)というガッチガチチームと当たってしまう。で、まぁ結論から言うと本当にそこが優勝してしまったわけだが…。

とりあえず、この大会に参加して言いたかったことはロシアン親父さんが全て代弁してくれたので、ちょっと手抜きっぽいもののこのブログでは割愛。

このチームで組めて、嬉しかった。大会での負けという結果以上に得られたものは大きかった。ロシアン親父さんをはじめチームメイトの皆さん、本当にありがとうございました。さらに強くなることでお返しにしたいと思います。


-------------




ふおおおお、久しぶりにこんな長文書いたからかなり疲れた。読んでくれた人ありがとうございます。
さて、明日スパIVが発売されますが、なるべくアケでの活動の比重を多くやっていきたいとは思っています。みんな家庭用に流れちゃうんだろうか?とそれだけが、今一番気がかりなことです。

そろそろ自分も能動的にいろいろ動いてみたいな。しがらみも多いんだけど…。

このブログも相変わらず細々とではありますが、続けていきたいと思うので、これまで同様、期待しない程度によろしくお願いします。それではまた。



あ、スパIVでもザンギ使うからね!



--------

>>ヘゲさん

すいません、コメントがついていたのにず~~~~っと気付いていませんでした。本当に申し訳ありません。
コメントありがとうございました!とても嬉しかったです。さらに精進します!

ランバト結果

スカイランバト告知ポスターvol.1.0
僭越ながらランバトのポスター?のようなものを作ってみました。久しぶりにフォトショップとか使ったよ。
てかこれスカイのサイトURLがスカイ駐車場のURLになってる方を間違えてアップしてしまった。実際のスカイのページはhttp://blog.livedoor.jp/gamesky/です。


ランバトお疲れ様でしたー。
結局ライブ配信はがまさんが来てくれてほとんど俺が手伝う余地もなく終わってしまいました(笑泣)

大会は、こくじんさんが優勝!金デヴさんが2位という結果に。
この日のこくじんさんは持ってたなぁ。勝って一番驚いてたのがこくじんさん本人だったのが笑えた。

詳しくはチョコブログで。


自分はと言えば、一回戦負け、だったのは別に実力不足だから良いとして、その後が問題。
連日の寝不足でグダグダなのにダラダラ残って対戦したせいで普段やれてることも出来ず、どんどん自信喪失するという負のスパイラルに嵌るという状態。身体と心の管理も強くなってそれを維持するのに必要。私生活の立ち回りも下手すぎて凹。こういう時はたくさん寝てリセットしよう。




明日のNSBは本当は出られるところだったのに仕事で出れなくなってしまいました。噂の『ざんぎ三兄弟』見たかったー(泣)残念すぎて心がバキバキです。
んで、その次の日(24日)の対抗戦は、これまた恐縮ながらザンギ代表で出させてもらえることになりました。対戦不足は否めませんが、頑張ってみます。平常心。まぁ、しょっぱい負け方したとしても、団体戦の醍醐味を楽しめるといいなと思います。

テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

第6回スカイランバト

相変わらずご無沙汰しています。ウリアッ上です。

本日20:00~大須スカイランバト第6回開催です。
以下チョコちゃんブログよりコピペ
↓↓

ーーーーーーーーー
☆★☆第6回スカイランバトチョコ杯☆★☆
日時:1月21日木曜日
場所:大須スカイ
参加費:100円
対戦形式:シングル・トーナメント方式
エントリー受付時間は19時~19時30分まで。
大会開始が20時~です。
駐車場については、
下記URLのスカイHPをご覧ください★
http://blog.livedoor.jp/gamesky/archives/51668645.html
ただし、駐車場はあまり台数がありませんので、
できるだけ皆様で乗り合わせてお越しいただけると助かります。
皆様のご参加心よりお待ちしております★
★ライブ配信はこちらで行う予定です。
http://www.justin.tv/gamesky

ヨロシクお願いしますッ!!Σ(。>д<。)ゞ

ーーーーーーーー


んで、今日はがまさんが体調不良で来れない可能性が高いので、ウリアッ上がライブ配信を代行することになると思います。経験不足で良いものを提供出来ないかもしれないですが、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>
プロフィール

BOO(スーパーウリアッ上)

Author:BOO(スーパーウリアッ上)
愛知県のザンギ使い(使われ)27♂です。春日井~名古屋界隈に出没。
現在ストⅣに絶賛ハマり中。一応3rdもやってましたがヘタレです。
フットワーク軽く大会なんかにも出たりしてますが未だにあまり日の目を見ません(泣)。NSBででかいサガットを倒すのが夢ですw。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。